• ホーム
  • 騒音トラブルは二重窓で解決!

騒音トラブルは二重窓で解決!

住宅はお隣との間が狭い時、騒音対策が必要となります。快適な生活のためには必要な対策をすることが必要です。防音効果を高めるためには二重窓としたり、隙間をなくすなどの対策が必要となります。サッシには後付けのカーテンやシートを貼ることでも効果があります。物質の音の伝わりやすさでは、重くて硬い材料は通しにくく、軽くて柔らかな材料はそれを通しやすい性質があります。鉄筋コンクリート造は音を通しにくい建物です。
住宅では壁の部分よりもサッシの部分が音を通しやすくなります。サッシはガラスが薄いことと隙間が発生しやすいことから、その部分からわずかに漏れることがあるのです。サッシ部分の防音性を高めるためには二重窓が効果的となります。材料が二重になることで、その分だけ効果が高まります。遮音性を簡単に高めるには、後付けのカーテンやシートを貼ることも効果があります。周囲に隙間が生じることから音が漏れやすいサッシ部分は、重点的な対策を講じる必要があります。

楽器など特別に高い音が出る場合は、鉄筋コンクリート造の地下室をつくるなどの対策が必要です。鉄筋コンクリート造は重くて硬い材料なので、通しにくくなります。サッシやドアの部分にも防音措置を講じることで、外部にほとんど漏れなくなるはずです。お隣との間の壁も、鉄筋コンクリート造は漏れにくく、軽量鉄骨造は漏れやすくなります。地下室では他の部分から漏れなくても、換気扇の部分から音が漏れることがあるので、特別な対策をする必要が生じます。

一戸建ての住宅では内部の音は気になりませんが、寝室のプライバシー確保や2階の床からの漏れには注意が必要です。寝室周囲の壁には防音材を設置したり、2階の床の合板を厚くしたりすることで、漏れは少なくなります。二世帯住宅では音の漏れが問題となることがあるので、初めから対策をしておくことが必要です。騒音トラブルは効果的な対策をすることにより、防ぐことが可能となります。

マンションに住む場合は音の漏れに注意が必要です。鉄骨造や木造は構造的に漏れやすく、外部の音も入ってくることがあります。鉄筋コンクリート造のマンションは音が漏れにくい構造ですが、お隣との間の壁は軽量鉄骨造の場合に注意が必要です。軽量鉄骨の間仕切りは特別な防音措置がされていることを確認する必要があります。コンクリートブロックやALCの壁が設けられている場合は、鉄骨の壁よりも音が漏れにくいはずです。