• ホーム
  • 坪単価でハウスメーカーを決めるのは危険です!

坪単価でハウスメーカーを決めるのは危険です!

家の鍵

ハウスメーカーを決める場合、坪単価だけで決めるのは危険を伴います。なぜなら、坪単価は算出方法が曖昧で、公平な比較ができないからです。住宅の建築費は本体価格とその他のコストからなります。しかし、ハウスメーカーに関しての坪単価の計算には、その他のコストが入っていません。もし、坪単価を比較するならば外部の設備配管や外構など、その他のコストが入っているかどうかを確認する必要があります。
ハウスメーカーの提示する建築費は最終的な契約の時の金額以外は、参考程度に留める方が良いでしょう。土地を含んだ条件付き住宅の場合は、本当の価格がわからなくなります。契約金額が最も信頼できる価格ですが、住宅により敷地条件が異なるので、単純な比較には使えません。契約金額をメーカーごとに比較した資料はあまりないでしょう。したがって、ハウスメーカーを坪単価で決めるのは無理があると言えます。少なくても、設備配管など曖昧な部分の確認が必要なのです。

ハウスメーカーを本体価格を基にした坪単価で決めるのは危険ですが、まったく参考にならないわけではありません。本体価格にその他のコストを加えることで、おおよその建築費がわかります。その他のコストには外部の設備配管や外構の費用、及び、エアコンや照明機器とカーテンなどが該当します。すなわち、どの住宅でも共通する費用が本体価格となり、個別に必要となるのがその他のコストと言えます。

ハウスメーカーを選ぶ場合は会社が顧客に提示する建築費の決め方を知っておく必要があります。ハウスメーカーは建物を建てる場合、自社の経営資源だけで建てることはできません。自社は工事に関して現場監督となる技術者と営業マンを雇用しているに過ぎないのです。現場監督と営業マンだけでは建物を建てることができません。そこでハウスメーカーは建築材料を別の会社から購入し、組み立てを工務店や職人に外注することで工事を完成させます。

ハウスメーカーは現場監督と営業マンを雇用しておく費用の他に、材料費と工事費を支払わなければなりません。さらに、会社を維持するための費用を上乗せして最終的な建築費を算出します。実際のところ、会社を維持する費用は各社で変わらず、材料費と工事費で差がつくことになります。その会社の見積もりが他社と比較して安い場合は、材料費や工事費が安くなっていないかを確認することが必要です。その部分が異常に安い場合は、品質に問題があることになります。