• ホーム
  • 二世帯同居なら絶対に完全分離型が良い!

二世帯同居なら絶対に完全分離型が良い!

住宅には子が結婚しても親と同居する二世帯住宅があります。さらに、二世帯が同じ空間で暮らす二世帯同居と、家の中を世帯ごとに区画する完全分離型があります。二世帯同居は双方の生活リズムが異なる中でストレスの積み重ねとなり、喧嘩になることもしばしばです。完全分離型は話声が聞こえないので気遣いがいらず、ストレスが貯まりません。

二世帯同居は核家族化による弊害をなくす効果がありますが、昔のように、誰からも受け入れられるものではありません。特に配偶者への配慮が必要で、二世帯住宅においても住み方に配慮が必要です。最も抵抗が少ないのが、同じ家でも階や壁で生活を分ける完全分離型です。この場合はアパートなどの共同住宅と同じ扱いとなり、各世代の独立性は確保されます。話声や振動を通してお互いの生活が若干は感じられ、安心感が得られるのがメリットです。

二世帯住宅ではリビングやキッチンを含め、家の中での生活を全て同じにする方法もあります。しかしこの方法は生活リズムの異なる世帯同士が無理に気遣いを積み重ねることになるので、お互いにストレスがたまります。喧嘩の果てに完全別居となってしまうこともあり、元も子もありません。そうならないためには、世帯双方に一定の配慮をした住み方が求められます。
二世帯住宅では完全に一緒の生活ではなく、完全に分離するのでもない、緩やかな同居の形が考えられます。すなわち、玄関と浴室やトイレを共通にし、キッチンや居間をそれぞれにつくる方法です。この方法は世帯ごとで異なる食事の嗜好でトラブルになることが無く、緩く干渉しあうことが可能となります。この方法は共用する部分を増やすなどで家族に合わせた加減が可能です。
浴室とトイレやキッチンを完全に分離すると、建築基準法上は共同住宅の扱いを受けます。共同住宅は専用住宅と建築の規制が異なり、何らかの支障をきたすことがあります。事前に問題が生じない対策が必要となります。二世帯住宅で電気代や水道代を分けることが必要な場合は、個別の契約が必要となるでしょう。

世帯を完全に分けた二世帯同居の場合は、将来、一方を賃貸で貸すことができるなどのメリットがあります。親の世帯は1階に住むのが一般的で、床には段差のないバリアフリーが適しています。介護が必要となった時のために、スロープや手すりを設置することも欠かせません。二世帯住宅は高齢者にもやさしいつくりであることが求められます。